HaRi

美容室でヘアカラーを失敗しないために

   

ヘアカラーをオーダーする時に失敗しないために!!

皆様はカラーの色を美容室で決める時どうしていますか??

アッシュ系なのかピンク系なのか、はたまたナチュラルブラウンなのか??

美容室で自分のやりたい髪色がうまく伝えられず

希望の色になる時もあれば、なんかイメージと違う感じだなーってなる時もあるのではないでしょうか

今回はその[なんかイメージと違う感じだなー]の確率を下げる方法をお伝え出来ればと思います

◎自分がしたい髪色に近い画像を持っていく

◎自分がなりたくない色を伝える

この2つをすればグッと自分のイメージしたカラーになります!!

 

◎自分がしたい髪色に近い画像を持っていく

img_0832

dscf6056

img_2517

IMG_0654

一番簡単で、分りやすい方法です

そんな単純な事でいいの??と思われますが、

色ってなかなか言葉では言い表せないので

はっきりとしたビジュアルがあると言葉だけよりも

確実に色を伝える事ができます

どうしても画像が見つからなかったり、自分はどんな色が似合うかわからない場合は

しっかりと担当の美容師さんと画像を見ながら相談することをお勧めします

◎なりたくない色を伝える

え??って思われるかもしれないですが

今までヘアカラーをした中で好みの色、反対にあまり好きじゃない色が、あったと思います

なりたくない色って美容師さんに聞かれることはほとんど無いと思いますが

例えば同じアッシュでも

DSC01826

DSC01826 のコピー

DSC01826

 

この3枚の写真間違い探しみたいですが

1枚目はブルー系のアッシュで2枚目はオリーブ系のアッシュになります3枚目はナチュラルなアッシュブラウン

といったところでしょうか

今回は同じ写真を髪色だけ編集で変えています

同じアッシュでもブルー系かオリーブ系かはたまたナチュラルなアッシュブラウンなのか

色味が変わるだけで

これだけ雰囲気も変わってきます

あまり緑っぽくなりたくないのか、それともグレーになるのが嫌なのか

はたまたナチュラル過ぎるアッシュブラウンは嫌なのか

なりたくない色味を美容師さんに伝えてみて下さい

人それぞれ色彩感覚はバラバラで同じ「アッシュ」って言葉一つでも

それぞれの思い浮かべるアッシュは違うはずです

ヘアカラーアッシュで検索するとこんなに出てきます

スクリーンショット 2017-06-01 22.38.21

この沢山あるアッシュと呼ばれる色

中にはピンクもありますが。。。

先ほどの3つに色分けしたアッシュの画像で見ていくとかなり見分けやすくなると思います

ヘアカラーは(ヘアスタイルもそうですが)自分のイメージを美容師さんと共有するだけでカラーの成功率も跳ね上がります

ぜひ遠慮せずに担当の美容師さんになりたい色だけでなく、なりたくない色も言ってみて下さい

この2つをするだけでかなり自分のイメージしているカラーになると思います!!

そして自分史上最高のヘアカラーになって頂けたら嬉しいです◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ヘアカラー, ヘアケア