HaRi

デザインとダメージとその関係性

   

 

 

 

 

 

 

僕は仕事をする時に、いかにダメージを少なくして、お客様に最高に喜んでもらえるカラーをするかを考えながら仕事してます

ダメージは少ないけど、やりたいカラーが出来ない

やりたいカラーになったけど、ダメージが凄くてそのあとが大変

本当にここが一番難しくて、どこで折り合いをつけるのか

痛ませたく無いけどこんなカラーにしたい

そんな可能性を広げてくれそうなアイテムが出て来ました

image

 

ちょっと前にかなり話題があがっていたブリーチサプリメント

ブリーチダメージの95%をカットとの事でかなり画期的な剤が出たなと!!

最近はほとんど聞かなくなりましたが…話題になってすぐに検証した結果を今さらながら

そして、検証にもとづいての自分なりの考察を少し

まずはお人形で実験

ブリーチサプリメントを入れて25分放置

image

ブリーチサプリメントを入れて25分放置を2回

image

いつも使っているブリーチ単品25分放置

image

ブリーチ単品25分放置2回image

ブリーチ力は落ちるとは聞いていたけど、ウイッグだとここまで違うとは…

手触りはやはり、ブリーチサプリメントを入れた方が良いです、当たり前だけど

他に違いといえば、毛先の収まり方がサプリを入れた方が良いです

次は人の頭で

image image image

まあまあ

カラーの履歴や、髪の状態によっても変わってくるとは思いますがバッキバキに明るくって訳にはいかない感じですね

これをふまえて、僕なりの使い道は

一発でパキッと明るくなる訳ではないので、毛先にたいしてのグラデーションカラーやホイルでのハイライトに使うのが一番有効かなと思います

image

今までダメージを考えて躊躇していたブリーチでも、また新しいアプローチが出来るのでは無いかなとおもうし

これからもっともっと良い物が出て来て、ダメージが気になるからやりたいデザインが出来ないってのが、だんだん少なくなって。 もっともっとヘアーデザインを楽しんでいける時代になったらってかんがえるとワクワクしてきます笑

こうやって新しい物が出て来た時に使って、試してみて新たなる可能性を探っていく事はすごく楽しいですね                               あーまだまだデザインの幅も広がるなと

 

これからもより一層、最小限のダメージで最高のデザインを考えて仕事していきますよー!!

 - ブログ, ヘアカラー, ヘアケア